【パンと○△□のある生活】株式会社 金網つじ「手編み手付きセラミック付き焼き網」

みなさま、こんにちは。パンを楽しむためのアイテムや、パンのある暮らしをより豊かにするモノ・サービスをご紹介している【パンと○△□のある生活】。8回目となる今回は、PSCのポイント交換でも人気の株式会社 金網つじ(以下、金網つじさん)の「手編み手付きセラミック付き焼き網」をご紹介します。

金網つじさんは、「脇役の品格」という創作理念のもと、「京金網」の技術を使い、とうふすくい、茶こし、セラミック付き焼き網など、普段使いの商品を手仕事にて製作されています。

 

今回は初代・辻 賢一さんに、「手編み手付きセラミック付き焼き網」の誕生秘話など、数々の貴重なお話を教えていただきました。


初代・辻 賢一さん、(左)、二代目・徹(とおる)さん(右)

 

毎朝“おいしいトーストが食べたい”という想い

——— こんにちは。本日は、よろしくお願いします。早速ですが、「手編み手付きセラミック付き焼き網」は、トースト用に開発されたのでしょうか?

 

辻さん:私がパン好きで、30年前ぐらいに“もっとおいしいトーストが食べたい”と思い、「京金網」の技術を使い、これを作ったんです。パンを食べるのは毎日のことなので、おいしく食べたいと。今朝も超熟を食べました。(笑)

 

——— ありがとうございます!京金網というのはなんですか?

 

辻さん:京金網とは、平安時代にはじまり、当初は寺社仏閣の祭事に使われていましたが、時代とともに鳥籠や香を焚くための道具など生活に寄り添ったカタチに変化。さらに今では、豆腐すくいや曲げ輪のうらごし器、茶こしなど、京料理を支える調理道具に使われる伝統の技です。


京都のお寺の精進料理として伝わる湯豆腐をお鍋からすくう時に使う“豆腐すくい”。京金網の代表的な道具。

 

———京金網の技術を使った焼き網は、今のかたちになるまで、かなり試行錯誤されたんですか?

 

辻さん:かなりしましたね。銅もいいけれども、火に乗せると結構もろくて。ほかの素材でもやってみましたが、一番丈夫で長持ちするステンレスに辿り着きました。


ステンレスを巻いて作っていく。

 

——— 丈夫で長持ちという部分にこだわられているのですね?

 

辻さん:“日常使いの道具”として意識しています。京金網をつくる工房は、戦後この辺で30軒以上あったんが、今では5軒ほど。このままではどんどん忘れられてしまうという危機感を感じ、“金網を生活の中で使って欲しい”と強く思うようになりました。うちのコンセプトは「現代の生活に溶け込む商品づくり」なんです。この「手編み手付きセラミック付き焼き網」は、コンセプトが生まれる原点ともなった商品なんですよ。


高さにもこだわりが。一番いい焼け具合になる距離を研究したそう。

 

——— 生活の中で使われそうな道具として、辻さんが毎朝食べられているトーストと結びついたんですね。

 

辻さん:そうですね。そして、平松洋子さんの「おいしい日常」という本で紹介いただいたのをきっかけに「手編み手付きセラミック付き焼き網」で食パンを焼くとおいしい、ということが広まったんです。

 

 

 

 

 

 

エッセイリストとして活躍されている平松洋子さんの「おいしい日常」(出版社:新潮社)の表紙に描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じっくり焼いてる時間もおいしい

 

——— 「手編み手付きセラミック付き焼き網」を使わせていただきました!最初はコンロの形だけにパンの焼き色がついてしまいましたが、使い続けていくときれいな網目の焼き色がついたときはうれしかったです!

 

辻さん:5〜6回目ぐらいからがちょうどいいんですよね。熱に金属が馴染むというか、温度に慣れてからのほうが使い勝手がよく、安定して焼けるんです。

 

——— そうなんですね。最初、全体に焼き跡がつかなくて、これでいいのかな、と心配になりました。

 

辻さん:トースターのように最初から全体が焼けるわけではないので気になりますよね。

 

——— でも、使い続けると、ものすごくおいしいんです!表面はパリッと、中は水分がしっかり残ってる感じがして、超熟のもっちり感が引き出されていると感じます。今日は焦がしちゃったなとか、焼きがあまいなとか、日々違う焼き方になるのが、またおもしろいですよね。

 

辻さん:理想とする焼き方や焼き目を思い浮かべながらじっくり時間を重ねて焼いていく。失敗するかもしれない。でも、それはそれで忘れられない思い出なんです。そして焼けたときのうれしさがちょっと特別に感じられるんです。

 

金網の六角形の秘密

 

――焼き目がきれいにつくとテンションがあがります。

 

辻さん:この焼き目の六角形は、亀甲模様と言って平安時代からずっとこの形なんです。亀の甲羅も六角形なことから縁起の良い物、そして寿命の長い動物であることから長命・長寿の象徴と言われてきました。なので、京金網だけでなく全国の多くの基本、金網が六角形なんです。亀甲模様は基本中の基本なんで、そのほかにはいろんな編み方がまだ10種類以上ありますね。

 

――手編みで六角形って難しそうですね。

 

辻さん:六角形も難しいんですが、力加減と言いますか、力の抜き加減と張り具合の調整が難しい。優しく、ふんわり編んで、“遊び”の部分を作ることがポイントですね。

 

―― なるほど、遊びが大事なんですね。金網が結構硬いので力を込めて編んでしまいそうですが、二代目の徹さんが編んでるところも見ていると、すごい柔らかく、ひゅっひゅっ、ふわっふわっと編まれていました。

 


網材を使ってステンレスを一つひとつ丁寧に編んでいく。遊びの部分から絶妙なしなり具合が生まれ、手編みならではの味に。

 

辻さん:遊びの部分は、長年使っていくと耐久力に繋がっていくんです。きつく編むと使っていくうちにだんだんと硬くなり、金網が切れる確率があがります。できるだけそうならないように経験と知識と感覚で遊びの部分を編んでいます。大学の研究によると、編むときのねじり部分が同じねじりでも場所によって硬さが違うそうです。道具の用途を理解し、道具を使う人のクセなどを考慮して編んでいるからこそ、硬さを調整することが自然とできるのが手編みの良さですね。

 

 


横からみるとわかるように、ポコッと厚みが。この膨らみが遊びの部分。こういう感じでふっくら膨らみを持たせて編むと耐久性が強いそう。

 

 

――手編みの技術は習得するのにどれくらいかかるんでしょうか?

 

辻さん: 人にもよりますが10年ぐらいですね。同じ素材で同じ網材で使っても、いい意味で作り手によって全部出来具合が違うんです。特に使っているステンレスは素材が硬いので、なおさら違いが出ますね。

 

 

 

おいしいトーストを、ずっと

辻さん:2020年の初夏頃に少しリニューアルをしました。金網の下の部分にある白いセラミックの板のところを改良したのですが、前のタイプは材料の特性上、火の当たり方が炭火のような効果があったんです。そこはすごくよかったんですが、性能が落ちてしまうため洗剤で洗えなかったり、耐久力ももっと欲しいなと思っていたんです。

 


金網の下の丸い穴が空いている板が改良したところ。

 

辻さん:そこで伝統産業に理解がある京都の大手セラミックメーカーさんにご協力いただき、特注のセラミックを作っていただきました。耐久性があるものに改良できましたし、炭火で焼いた状態に近い遠赤効果で中までさらに火が通りやすく、外側はサクっと、中はふっくらおいしく焼けるように。そして洗剤を使って洗えるようにもなりました。

 ――完成したものに対しても、常により良いものにしたいという気持ちが強いんですね!

辻さん:常に使う人のことを考えて良いものを提供していきたい、“脇役の品格”を大切にしているからだと思います。使えば使うほど自分の好みに近づいてくるので、どんどん使っていただきたいですね。

 

〜おいしいトーストアレンジの作り方〜

普段から6枚スライスの食パンを食べられる辻さん。今回は超熟を使って、辻さんが毎朝必ず召し上がられているという?トーストアレンジを教えていただきました!

 

辻さんの毎朝の朝ごパン
ピザトーストとピーナッツバター&いちごジャムのオープンサンド

 

■材料:

<ピザトースト>
超熟6枚スライス/バター/ピザソース/トマト/ハム/スライスチーズ

<ピーナッツバター&いちごジャムのオープンサンド>
超熟6枚スライス/バター/お気に入りのピーナッツバター/いちごジャム

■つくり方:

(1) ガスコンロの上に直接「手付きセラミック付き焼き網」を置き、超熟をのせて火をつけます。

 

(2)強火で10秒ほど、その後、中火で1〜2分でひっくり返します。遠赤外線の効果で水分と旨味を閉じ込めて焼き上げます。熱いので火傷に注意してください。

 

(3)片面も(2)と同じ要領で焼きます。

(2)よりも熱の周りが早いので様子を見ながら焼いてください。

トーストが完成!

 

(4)スライスチーズは半分にカット、トマトはスライスする。

 

(5)トーストを半分にカットし、それぞれの片面にバターをぬる。

 

(6)カットしたトースト半分に、ピザソースをぬり、その上にトマト・ハム・スライスチーズをのせて、電子レンジでチーズがやや溶けるぐらい温める。

 

(7)もう半分はピーナッツバターといちごジャムをぬって完成です!

実はこの組み合わせ、辻さんが好きな海外の有名アーティストも好んで食べていたそうです。(笑)

 

※使用頻度にもよりますが、セラミックの遠赤効果が弱まってくるため、1年ごとに買い換えていただくことを推奨しています。

※取材は、ソーシャルディスタンスを保ちながら秋ごろ実施しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<今回の訪問先>金網つじ
[工房]北山工房/京都市北区紫竹下緑町61-4
営業時間9:00~17:00 日・祝日はお休み
※注文製作や曲げ輪製品の修理に関するご相談のみ。商品の販売は行っておりません。

 

[店舗]高台寺 一念坂 金網つじ
京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町362
営業時間10:00~18:00
TEL:075-551-5500
定休日:水曜日(※2020年中)
※詳しい定休日はお問い合わせください。

H.P  https://kanaamitsuji.com/
オンラインショップ https://kanaamitsuji.com/shop
Instagram https://www.instagram.com/kanaamitsuji/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>> 前回の【パンとのある生活】シリーズを見る <<

味の素株式会社「クノール® スープグランデ®」
おなかもカラダも心も温まるパンとの相性も良いスープ 「クノール®スープグランデ®」

タグ:
  • 41
  • 1827
PSCに会員登録して、記事を投稿したり、いいねすることでポイントがもらえます!
詳しくはこちらから。
既に会員の方はコチラからログインしていいねやコメントして下さい。
  1. ちゃいちゃいちゃいさん

    使ってみたいです!

    0
  2. カナダホリック
    カナダホリックさん

    まさに「用の美」と言える職人技ですね。網目が美しいです。そしてシンプルなルックスもまた美しい。
    なんだかパンを焼くと香りもよさそうで、ほしくなってきてしまいました。

    0
  3. れみみみん
    れみみみんさん

    パンが一段と美味しそうですね🥰

    0
  4. 3000765
    3000765さん

    焼いてる時から食べている時まで、すごく丁寧で特別な時間と味を堪能できそう。

    0
  5. 3035581さん

    ガスコンロでパン焼くのは、トースター使用している自分からすると、一手間、コツが要りそう。

    1
    • 3035581さん

      超熟パンはトーストしなくても美味しい

      0
  6. 3035581さん

    ガスコンロでパン焼くのは、トースター使用している自分からすると、一手間、コツが要りそうな、感じがしました。

    1
  7. 3022297さん

    焼き網ほしいなぁ☺️

    1
  8. アオイ
    アオイさん

    『金網つじ 手編み手付きセラミック付き焼き網』ってどんなだろう?と思って
    検索していたら、こちらのページにたどり着きました。
    手編みってそういうことだったんですね。
    ご自分で作った器具で食パンを焼いて食べられるなんてすごいですね。

    1
  9. loving rabbitさん

    美味しそうですね🎵

    1
  10. 3032699さん

    美味しそうですね

    1
  11. ねこまるさん

    ガスで焼くと美味しそう😉😆

    0
  12. 3025792さん

    ガスで焼いたパンはどうしてあんなに美味しくなるのでしょう。
    ハマりますよ。

    1
  13. みみみみみさん

    平松洋子さんの本で知りました。
    改良されたのですね。
    網目の焼き目いい感じです。
    おいしそう。
    欲しいなぁ。

    3
  14. パスコのパン大好き♪さん

    美味しそうな焼き色ですね!さすが職人さんのワザですね。
    食べ方もこの組み合わせ最高~!美味しそう~♪

    2
  15. えみ
    えみさん

    欲しいです😊♡

    2
  16. pulu
    puluさん

    愛用しています!
    焼き加減を確かめながらゆっくり朝食の準備をする贅沢✨
    トースターには戻れなくなります。

    3
  17. スオミ
    スオミさん

    ワタシも憧れていて
    ホントほしいんですが、
    IHなので…泣く泣く…

    でも、どうやって作られているかとか
    お考えなどもこちらからわかって、
    とてもよかったです。
    ありがとうございます😊

    4
  18. あずきさん

    網、欲しくなりますね!
    いつも、ガスコンロの魚焼きグリルで焼いていますが、より、金網は香ばしそう!

    4
  19. ai
    aiさん

    金網で焼いたトースト食べてみたいです。
    香ばしい香りが漂いますね。

    5
  20. 珈琲豆
    珈琲豆さん

    火がない(IH)ので、冬ならストーブの上で使ってみようかな・・・

    4
  21. チョコぷりんさん

    手編みのお品‼️まさに職人技ですね✨
    この金網で焼いた超熟、とっても美味しそうです🎶

    4
  22. みっちさん

    これはゲットしたくなりましたね✨職人さんの技、こだわり、素晴らしいですね‼️

    4
  23. ことさん

    手で編むってすごいですね!!

    5
  24. マイさん

    ほんと美味しそうです(^_^)
    ポイントで交換したくなりました

    4
  25. ゴンさん

    美味しそうな焼き目にポイント交換したくなりました。

    5
  26. 110624さん

    丁寧な仕事に頭が下がります。
    伝統のあるものに、セラミックを取り入れたり、素晴らしいです。
    普段は、生で食パン食べますが、焼いてみたいです。

    4
  27. カネゴンさん

    つじさんの焼き網、憧れです。
    パンを焼き網(その辺で買った安物です。)で焼いていた時もあるのですが、なかなか難しかった…。
    この焼き網でなら私でも上手く焼けそう。

    4
  28. さくらさん

    パンの焼き目がとっても美味しそうです。
    人の手で作るものには温かみがありますね。

    4
  29. まゆまゆぽんさん

    手編みでこんなキレイな編み目ってすごい技術だなと驚きです

    4
  30. だあきんさん

    これ、超熟のCMで見てからずっと欲しかったんです!!

    でも今は、IHなので諦めました😿

    今度高山寺のお店を覗いてみようかな、って思います!

    4
  31. pingiさん

    焼くの難しそうで、ポイント交換悩んでました…今回のお話で交換欲が高まりました😁

    4
  32. 風鈴さん

    ガスコンロで美味しくパンが焼けそうですね。
    お手入れの面でも考えられてて、使いやすそうです。

    5
  33. 120083さん

    美味しさが目に浮かびます。

    4
  34. 花衣さん

    伝統工芸品ですよね~✨
    メイドインJAPANの素晴らしい技術ですね😍

    手編みと言う事に驚きました😍⤴️⤴️

    4
  35. プリンさん

    手編みなのですね 網目が美しいです
    おいしそうに焼けたパンいいですね

    4
  36. ハムちゃん
    ハムちゃんさん

    手編みなんですね。スゴイ技術だと思いました。ピーナッツバターといちごジャムの組み合わせが気になりました🍓🥜

    6
  37. ののかの
    ののかのさん

    機械ではなく、手で編んでとても整列された綺麗な網目。素敵です!
    我が家はトースターがないので、グリルに入れて毎回緊張しながら焼いています。

    6
  38. きららM
    きららMさん

    懐かしい感じ!焦げ目が香ばしく美味しそう〜^^

    7
  39. 神楽さん

    子どもの頃は金網で焼いていました。じわじわと焦げ目がついていくのをじっと見守ったものです。ひっくり返すのが早すぎるとよく怒られました。

    7
  40. まりりんさん

    美味しそうですね♪

    7